Skip to content
7月 26 16

投資におすすめの金融商品を考えよう

by admin

投資をしてお金を殖やしたいと思う方は大勢いらっしゃいますが、投資にかけられるお金が有り余っているという方は多くないと思います。有り余るお金があるのなら、マンションを建てたりするような大掛かりな不動産投資などもできますが、投資用の予算が多くない場合に、いかに効率よくお金を殖やしていくかどうかというのは、頭を悩ませるポイントだと思います。ここでは、投資におすすめの金融商品を考えてみたいと思います。

予算が少ないなかで始められる投資なら、差金決済契約のものが良いと思います。差金決済契約は、一般的にはContract For Differenceの頭文字をとって「CFD」と呼ばれます。買う取引をするときには後で売ることが前提となっています。そして、買うときには商品代を払う必要がなく、買ったものを売ったときに、差額分だけのお金を払ったりもらったりすることができます。最初の商品代が必要ないので、株を買ったりするのと比べると、初期費用が少なくてすみます。さらに、CFDという取引の仕組みでは、証拠金と呼ばれる担保を差し入れることで、レバレッジという倍率をかけて取引をすることができます。少額でも倍率をかけて取引をすれば、実際の額の何倍もの利益を得ることも可能です。(ただし、損失も同様に倍率がかかりますから、余裕をもった取引額や倍率を考えることが大切です。)

CFD取引で特におすすめの金融商品は、日経225などの株価指数取引です。複数の株の銘柄を、平均やその他の計算式にあてはめて数値化したものが株価指数です。株価指数も上がったり下がったりしますから、下がったときに買って上がったときに売る、あるいは上がったときに空売りしておいて下がってから買い戻すと、差額分の利益が出ます。銘柄ひとつひとつをチェックする必要がありませんので、選択肢の幅が狭く、「多すぎて選べない」という初心者の方にもおすすめです。ぜひ検討してみてくださいね。

7月 25 16

日経平均株価指数取引ってどういう取引?

by admin

日経平均株価指数取引という投資方法があります。何やらそのようなキーワードを見たことがあるという方はいらっしゃると思います。でも、これはどのようなものか説明できるかといわれると、実際に取引をしていない方には少々難しいかもしれません。

日経平均株価指数とは、日本経済新聞社(日経新聞)が東証一部上場のあまたの株式銘柄の中から、日本を代表するものとして選んだ225銘柄の株価を平均したものです。日経平均株価指数を取引するとはどういうことでしょうか。平均の数値を取引するというとイメージがわかないかもしれませんが、平均”価格”の取引だと思えばイメージしやすいのではないでしょうか。日経平均株価が安いときにたくさん買っておいて、高くなったときに売れば、売ったときの値段ー買った時の値段=利益となります。しかも、日経平均株価の取引はCFDといって差金決済契約です。

最初に買うときにはお金を払う必要がなく、売ったときの値段ー買った時の値段=実際にもらう(損が出たときには支払う)金額、となります。最初に買うお金がいらないというのは、少ない額からでも投資ができるということですから、どなたにとっても嬉しいことではないでしょうか。また、最初にお金を払う必要がなく、差額のみのお金の動きになるという考えかたから、先に「売る」ことも可能です。売った時の値段ー買ったときの値段=差額、ですからね。

他にも、日経平均株価指数のCFD取引をするメリットはいろいろあります。どのようなメリットがあるのか知りたい方には、日経225マガジンというサイトがおすすめですよ。個人投資家の方が、日経平均株価指数取引を始めるまでに収集した情報、実際に取引をする際に役立っている情報をまとめて作成してあるサイトです。気になる方は日経225マガジンをチェックしましょう。こちらのリンク先をクリックしてみてください。日常的にチェックすべき情報や役立つ情報なども、このサイトにはいろいろ紹介されています。より良い投資のためにぜひ活用してください。

7月 21 16

投資をするならチャートを知ろう

by admin

投資をするなら、情報収集は欠かすことができません。株にしろ、日経225などの株価指数にしろ、FXにしろ、値動きを利用して取引するような投資なら、日々、刻一刻と変化する値動きはきちんと把握して、予測できるようになることが大切です。

さてここで、小学生の算数の問題です。毎分毎分変わる値動きのデータは、どのようにまとめるとわかりやすいでしょうか。(1)円グラフ、(2)棒グラフ、(3)折れ線グラフ。どうですか?(3)の折れ線グラフであることは明らかですね。株などの値動きを折れ線グラフにしたものを「チャート」と呼びます。右になるにつれて時系列が進んでいくわけです。投資をするのなら、まずはチャートを見る癖をつけましょう。

それから、チャートの折れ線グラフに、四角いマークがたくさん重なったものを見かけたことはありませんか?実は、チャートを読むためには、投資対象の金融商品に関係なく、この四角も大切なのです。この四角は「ロウソク足」と呼ばれるマークです。上辺と下辺がその期間の始値と終値を示します。始値より終値が高ければ、白い四角となり「陽線」と呼ばれます。終値より始値が高ければ、黒い四角となり「陰線」と呼ばれます。

また、それぞれの上辺と下辺から上下に伸びている線がありますが、これらの直線の先端が、その期間の最高値と最安値を示しています。陽線(白いロウソク)が続くということは、値上がりが続いているということ。陰線(黒いロウソク)が続くということは、値下がりが続いているということです。陽線が続いている中に陰線が混ざると、そろそろ天井だということが予想できますし、陰線が続く中に陽線が混ざると、そろそろ底値だなということが予想できます。このチャートとロウソク足の見方は、株式の個別銘柄でも、株価指数でも、FXでも、すべて同じです。ですから、投資をしたいと思う方は、どのような金融商品を選ぶとしても、まずはチャートを読めるようになりましょう。

6月 23 16

インデックス投資のメリット・デメリット

by admin

資産運用はここ数年、始める人が増えてきています。
テレビの特集で成功している投資家をCMやインターネット広告も増えてきました。
「自分でも始められるのではないか」
そう思って、これから投資を始めたいと思っている人もいるでしょう。

投資初心者の方は、CFD取引などもおすすめですが…
「インデックス投資」というものを聞いたことはありませんか?
インデックス投資とは、日本の日経平均株価・TOPIXやアメリカのNYダウなどの株価指数と同じ値動きを目指す投資です。
この株価指数のことを「インデックス」と呼ぶため、これに投資するものを「インデックス投資」と言います。
ちなみに通常の個別株への投資は「アクティブ投資」と言います。

インデックス投資がなぜいいのか?
まず「インデックスと同じ値動きを目指す」というところに注目してほしいと思います。
アクティブ投資の場合は、日経平均株価以上の値動きを目指すことを目的としています。
そのため、優良な個別株を探して選別する手間とコストがかかります。
その分インデックス投資は、日経平均株価と同じ値動きでいい。
わざわざ掘り出し物の個別株を見つける必要はありませんし、言ってしまえば日経平均株価に組み込まれている225銘柄を同じように組めばいいのです。
手間もコストも、アクティブ投資よりもかからないということです。
コストがかからないので、投資家が負担する手数料も安く済みます。

インデックス投資に関しては、世界中に1万以上のインデックスがあります。
日本の日経平均株価・TOPIX以外にも、アメリカのNYダウ。
株価指数以外にも、債権や不動産などのインデックスもあります。
このインデックス選びが、インデックス投資には重要と言えます。
リターン水準が全く違うので、インデックス選びは慎重にしましょう。

ちなみに、インデックス投資を始めたい方は、まず同じ値動きをするように設計された投資商品を購入することで投資をします。
投資を始めたいけれど、どの金融商品を選べばいいのかわからない。
悩んでいるならば、インデックス投資を検討されてはいかがでしょうか。

6月 22 16

分散投資にCFDを活用するメリット

by admin

CFDはFXや個別株・株価指数への投資にも適用されますが、他にも原油や金などの現物への投資も可能となります。
また日本国内のもの以外でも、海外の株や株価指数への投資も可能です。
例えば海外企業の発行している個別株や、NYダウなどの株価指数へ投資を考えている方にもおすすめです。

CFDのメリットといえば、レバレッジが利くことでしょう。
少額の証拠金があれば、レバレッジを利用して多額の投資も可能となります。
100万円程度の証拠金があれば、1000万円程度の投資も可能となります。
差金決済取引ですから、売買した差額のみを決済すればいいのも魅力的です。
要するに、証拠金が少額で済むというメリットがあります。

証拠金が少額でいいので、これから分散投資を考えている人にもおすすめです。
例えばFXトレーダーであるが、日経225などの株価指数への投資も考えている。
このような場合、FXへ投資する証拠金以外にもまとまった現金が必要となってしまいます。
このときにCFDを利用すれば、分散投資分の株価指数はCFDを利用する。
レバレッジを利かせて取引できますので、十分に投資が可能となります。

分散投資のメリットとしては、損失が出ても他で挽回できる可能性が高くなります。
FXで大きな損失を出しても、株価指数へのCFD取引で利益が出せれば、損失分をカバーすることができます。
また、CFDは原油や金などへの投資もできます。
これらは比較的価値が下がりにくいものですし、これからの価値上昇にももちろん期待ができます。
リスクが少ないと、原油や金への投資は人気があります。
FXなどで損失を出しても、十分賄える可能性は高くなります。

このように、CFDを利用して分散投資を行うメリットはたくさんあります。
これから分散投資を考えている方は、CFDを利用してみるといいでしょう。
ただし、レバレッジが利く分損失も大きくなりデメリットもあります。
分散投資で利益を出そうと思っていても、逆に損失が大きくなってしまう可能性ももちろん高いのです。
それらのデメリットを踏まえてから、分散投資を始めましょう。